フリーターから正社員になった先輩

大学に入学してから二年が経過しており、塾講師歴もそれに比例した年数となっているわけですが、最近フリーターから正社員になった先輩がいます。
その先輩というのは私がバイトを始める一年前から同じ学習塾でアルバイトをしていたのですが、塾で働き始めた時は何にも考えずとりあえず楽しそうだから働いてみようというフリーターだったようです。
それが毎日塾講師の仕事をしていくうちに、段々と生徒のわからないことを解決してあげるのが楽しくなったようで、シフトをどんどん増やしていき、その結果努力が認められ社員登用試験を受けるように本社から促されたようです。

先輩は大学を卒業してから10年ほど放浪生活をしており、定職に就く気はさらさらなかったようですが、その打診を受けて改心し見事社員登用試験に合格しました。
今ではその先輩は教室をまとめる立場の役職に就いているので、勤続年数が浅いながらも部下がいる状況です。
人間生きていると必ずどこかでチャンスに巡りあうことが出来るのだなあと、この先輩を見て痛感しました。
もちろん私もバイトの身分ではありますが、塾講師というそれなりに責任のある仕事をこなさなくてはなりませんから、これからもがんばります。